校長からのメッセージ

【保護者の皆様、里小の子どもたちへ】

新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する様々な面でのご理解とご協力に深く感謝申し上げます。ありがとうございます。昨年度末の臨時休業、並びに新年度も臨時休業の延長が余儀なくされ、学習進度を含め、学校教育の今後の見通しに不安を感じていらっしゃることと思います。今後も子どもたちの安全と健康を最優先ととらえて対応してまいります。感染拡大防止のために引き続きご理解ご協力をお願いいたします。

〇生活習慣を整えましょう

良質な睡眠、バランスのとれた食事、ストレッチなどの適度な運動はストレスの緩和にもなります。学校再開の際の生活リズムに適応しやすいです。

〇正しい情報を入手し、「3密」を避けましょう

多くのメディアで情報を入手することができる時代です。しかし、情報が多すぎて振り回されてしまうこともあります。今は不要不急の外出をせず、「密閉」「密集」「密接」の3つの「密」避け、手洗い、うがい、咳エチケットなどによりうつらない、うつさない意識をお互いに持ちましょう。

〇感染する可能性は誰にでもあります

外国だけで流行っていたと思っていたら、あっという間に日本でも流行り始め、感染して入院したり、亡くなる方も出てきています。コロナウイルスは、たくさんあるウイルスの一つですが、「新型」ということで、予防接種をして防いだり、効き目のある薬の開発がおいつきません。ウイルスは、目に見えにくいレベルのものですから、専門家のアドバイスの通りにして、これ以上このウイルスに感染する人を増やさずに、減らしていくしかありません。感染する可能性は誰にでもあるのです。今している努力が2週間後の未来につながります。また、万が一感染した方の情報が入っても、いたずらに人の心を傷つける行為は慎みましょう。孔子の言葉にある『己所不欲、勿施於人』(自分がして欲しくないことは、人にするべきではない。)という大人の姿勢が大切です。

〇学校に相談してください

お子様のことでご心配なことがありましたら、遠慮なくまずは学校にご相談ください。

 

8日(水)に登校してきた子どもたちと正門であいさつを交わしました。初対面の私にも自分から元気な声であいさつをしたり、「エア握手」「エアハイタッチ」をする子もいました。マスクをはずして笑顔で話ができる日、手の温もりを感じられる握手やハイタッチができる日は必ず来ると信じています。里小学校の教職員全員がその日を楽しみに再開の日、再会の日に向けて準備をしています。このことを保護者の皆様からお子様にも発達の段階に応じてお伝えいただきますようお願いいたします。