星に願いを

廊下のあちこちで見かける、願い事が書かれた短冊と笹。
明日の七夕に向けて、子どもたちが思い思いにお願いをしているようです。

子どもたちはどんなことをお願いしているのでしょうか?
ためしに2年生の短冊をのぞいてみると・・・

「人のいのちをまもれるいしゃになれますように」
「はやくコロナがしゅうそくしますように」
「かぞくみんなが元きでいられますように」

子どもたちの願いが叶うよう、手洗いや換気、ソーシャルディスタンスの確保など、まずは大人が率先して取り組みたいですね。
全ての子どもたちが、感染症を心配することなく笑顔で通える日常に戻ることを、職員一同、願っています。