聞いて楽しもう!

昨日はあるクラスの国語の時間に、本校の図書館司書が読み聞かせを行いました。
「昔話などの読み聞かせを聞くなどして、我が国の伝統的な言語文化に親しむ」ことを目標としている単元で、本校の司書が読み聞かせに選んだのは「ねずみのすもう」という本でした。方言や擬音語などが使われている昔話です。

授業が終わると、とある児童から「先生、さっきの本貸してください!」という言葉が。
読書の秋に、ますます子どもたちは本を好きになってくれたでしょうか。

なお、写真でも分かるように各テーブルには感染症防止のためのパーテーションが。
先日、当HPでもお知らせしたとおり、PTAの方々により費用を捻出いただき図書室に設置されたものです。

そのおかげもあって実現した今回の読み聞かせ。PTAの方々にはあらためて感謝申し上げます。
里小学校では、今後もますます読書活動と図書室の活用を推進していきます。